衆議院議員 寺田稔の
政治実感日誌
5月25日(水)
朝 呉市内街頭演説。
午前 挨拶回りなど。
午後 呉市民弔問など。

5月25日(水)
「サポーター打ち合わせ」
福島第一原発事故で東京電力は2号機は3月15日午後8時頃、3号機は3月14日午前3時頃メルトダウンの状態になったと発表しました。
解析結果はすでに原子力安全保安院に提出されています。しかし、原子力安全保安院は「評価は時間を要する」として結論を出しませんでした。
解析に2ヶ月以上かかるとは、どういう事でしょうか。
そもそも保安院は、経済産業省の一部局で原発推進の立場であり、安全性を客観的にチェックする機関ではありません。
原発の安全性を客観的にチェックする機関は、内閣府に所属する第三者機関たる原子力安全委員会なのです。
従って、安全委員会が既にメルトダウンの事実を認めている以上、それに従わなければならないのです。
今の政府では、そうした的確な役割分担もできていません。
各部局が何の連携もなくバラバラに情報を出すだけです。
これは極めて由々しき事態なのです。そのことに加えて、今の政府は、いつも情報を小出し状態にしており、国民を惑わすばかりです。これでは、国民がいつも不安な中で生活をしていかなければなりません。
原発問題に限らず、政府のあらゆる政策が行き詰まり、まったくと言っていいほど機能をなしていません。
一日も早く正しい政策対応を行い、国を立て直していかなければなりません。
次世代を見つめる信頼と実行の政治を実現すべく精進してまいる所存です。
私の立場でできることに全力投球していきます。

カテゴリー

アーカイブ

site id

Twitter

衆議院議員てらだ稔の公式ツイッターです。

ツイート / フォローお願いします♪

facebook

衆議院議員てらだ稔のファンページです。

よろしければ、ファン登録よろしくお願いします♪